ゲンゾウ用ポストイット

Java、Groovy、Linux関連の備忘録

Groovydocコマンド

keyword:javadocのように、groovydocコマンドがあるかどうか探したが見つけられなかった。
ただし、Antタスクを見つけることができた。
Groovy - The groovydoc Ant task

簡単にコマンドラインから実行したかったので、これをラッピングして作ってみる。

#!/usr/bin/env groovy
// コマンドライン引数を定義
def cli = new CliBuilder(usage:"groovydoc.groovy -s sourcepath -d destdir [-p packagenames] [-u use] [-w windowtitle]")

// ソースフォルダ、ドキュメント出力フォルダの指定は必須
cli.s(longOpt:"sourcepath", args:1, "input source directory", required:true) 
cli.d(longOpt:"destdir", args:1, "output documents directory", required:true) 
cli.p(longOpt:"packagenames", args:1, "packagenames", required:false) 
cli.u(longOpt:"use", args:1, "use", required:false) 
cli.w(longOpt:"windowtitle", args:1, "document title", required:false) 

def opt = cli.parse(args)
if (!opt){
    System.exit 1
}

new AntBuilder().with{
    taskdef(
        name:"groovydoc"
        ,classname:"org.codehaus.groovy.ant.Groovydoc"
    )
    groovydoc(
        destdir:"${opt.d}/gapi"
        ,sourcepath:"${opt.s}"
        ,packagenames:"${opt.packagenames?:'**.*'}"
        ,use:"${opt.use?:'true'}"
        ,windowtitle:"${opt.windowtitle?:'groovydoc'}"
        ,"private":"false"
    )
}


ラッピングしただけなので、

    • packagename
    • use
    • windowtitle

のオプションの意味は何かは先に挙げたGroovydocのサイトを参照してください。
丸投げですみません。