読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンゾウ用ポストイット

Java、Groovy、Linux関連の備忘録

Hudsonにチャレンジ

前からHudsonを触ってみたいと思っていたのだがおもい腰が動かず。
ようやくおもいこしを動かして触ってみることにした。

まずは家のマシンにインストールから。

環境

ubuntu 9.10
java 1.6.0_16

手順

ubuntuマシンにHudsonをインストールするのは非常に簡単だった。
以下のコマンドを実行。

sudo apt-get intall hudson

以上。だれでもできる。

設定ファイルは /etc/default/hudson にできる。
設定ファイルを除いてみる。

# defaults for hudson continuous integration server

# pulled in from the init script; makes things easier.
NAME=hudson

# location of java
JAVA=/usr/bin/java

# arguments to pass to java
JAVA_ARGS="-Xmx256m"

PIDFILE=/var/run/hudson/hudson.pid

# user id to be invoked as (otherwise will run as root; not wise!)
HUDSON_USER=hudson

# location of the hudson war file
HUDSON_WAR=/usr/share/hudson/hudson.war

# hudson home location
HUDSON_HOME=/var/lib/hudson

# set this to false if you don't want Hudson to run by itself
# in this set up, you are expected to provide a servlet containr
# to host hudson.
RUN_STANDALONE=true

# log location.  this may be a syslog facility.priority
HUDSON_LOG=/var/log/hudson/$NAME.log
#HUDSON_LOG=daemon.info

# arguments to pass to hudson.
# --javahome=$JAVA_HOME
# --httpPort=$HTTP_PORT (default 8080; disable with -1)
# --httpsPort=$HTTP_PORT
# --argumentsRealm.passwd.$ADMIN_USER=[password]
# --argumentsRealm.$ADMIN_USER=admin
# --webroot=~/.hudson/war
HUDSON_ARGS="--webroot=/var/run/hudson/war --httpPort=8100"

初期設定ではport=8100が使用される。
したがってhttp://localhost:8100/にアクセス。
ちゃんと起動された!

広告を非表示にする