読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンゾウ用ポストイット

Java、Groovy、Linux関連の備忘録

ubuntu9.10でのシステム環境変数定義

GriffonのUnitTest、ビルド用のジョブを作成 その1 - ゲンゾウ用ポストイット-newにて、環境変数が必要なので定義することに。
ubuntuはグローバルな環境変数は/etc/environmentに記述するとのこと。
groovy、griffon、grailsは僕の中で3本柱なので、こいつらのホームディレクトリを設定することにする。以下のように設定。

GRIFFON_HOME=/usr/share/griffon
GROOVY_HOME=/usr/share/groovy
GRAILS_HOME=/usr/share/grails

一回きりの設定だろうな。

  • /usr/share/groovy-1.6.3
  • /usr/share/groovy-1.6.4
  • /usr/share/groovy-1.6.5

みたいに複数バージョンを配置はするけど、使用するものに/usr/share/groovyとしてシンボリックリンクさせることにする。


ついでにパスも通しておく。

PATH=$PATH:$GRIFFON_HOME/bin:$GROOVY_HOME/bin:$GRAILS_HOME/bin

とやったのだが、これは絶対にやってはいけない

ばっちりと思って再起動してみるとログインできなくなった。半泣きではあるがLinuxでログインできなくなることに徐々に慣れ始めている自分がいる。


kernel選択画面を起動し、recovery modeで起動して一番下のPATH設定を削除。なぜこれが怪しいと思ったかは分からないけどなんとなく。しかもこれで起動した。よかった!

/etc/environmentには$とか使用したらだめとかなんかな?
ひとまずこれで環境設定終わり。
ここまでで今日が終わってしまった。続きはまた明日。

広告を非表示にする