ゲンゾウ用ポストイット

Java、Groovy、Linux関連の備忘録

GroovyServを使用したスクリプト実行

最近Groovyを実行するにはWelcome! — GroovyServ documentationが手放せなくなりました。だって動作が早いから。スクリプトってコーディングと実行までの繰り返しのスピーディーさが命なので、Welcome! — GroovyServ documentationはGroovyの悪い点を補ってくれる。

以下のようなスクリプトを実行すれば簡単にインストールも可能。(bashが使える環境で)

#!/bin/bash
# インストールフォルダ
install_dir_home=/usr/share

# ダウンロード&インストール
cd /tmp
wget http://github.com/downloads/kobo/groovyserv/groovyserv-0.1-Linux-i386-bin.zip
unzip groovyserv-0.1-Linux-i386-bin.zip
sudo mv groovyserv-0.1/ "${install_dir_home}"

環境変数PATHにbinフォルダを通す。

export PATH=$PATH:"${install_dir_home}"/groovyserv-0.1/bin

動作確認のために、以下のコマンドを実行し、正常にGroovyのバージョンが表示されればOK。

groovyclient -v

僕の環境では以下のようなレスポンスが。

Groovy Version: 1.7.2 JVM: 1.6.0_18

ここまではGroovyServのサイトにかかれているとおり。ここまでできれば、以下のようなスクリプトを作成してGroovyServ経由で実行させることができる。

#!/usr/bin/env groovyclient
println "test"

通常はシェバングを

  • #!/usr/bin/env groovy

とするところを

  • #!/usr/bin/env groovyclient

とすればOK。

bashrubyスクリプトを実行したかのように結果が一瞬で返ってくる。ちょっとだけ手を加えてやって、Cygwinでもほぼ同様の方法でGroovyServ経由のスクリプト実行が可能。

デメリット

  • #!/usr/bin/env groovyclient

なんて書いてしまうと他の人にスクリプトをそのまま配布できない。

スクリプト上は

  • #!/usr/bin/env groovy

のままの記述で、groovyclientを呼び出すってことをするにはどうしたらよいのか?もう少し勉強する。

広告を非表示にする