読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンゾウ用ポストイット

Java、Groovy、Linux関連の備忘録

calendar.vimで、VimからGoogleカレンダーを編集してみる

Vim Google

背景

Vimから Google Task を閲覧・編集するためのVimプラグインがないかな?と探していて面白いものが見つかったので紹介。

結果的に僕が求めている Google Task 編集機能は使いやすいとはいえないものだったが、 Google Calendar の閲覧・編集機能が非常に強力で面白かった。

環境

$ uname -a
Darwin genzouw-no-MacBook-Pro.local 15.0.0 Darwin Kernel Version 15.0.0: Sat Sep 19 15:53:46 PDT 2015; root:xnu-3247.10.11~1/RELEASE_X86_64 x86_64 i386 MacBookPro10,1 Darwin

$ vim --version
VIM - Vi IMproved 7.4 (2013 Aug 10, compiled Oct 11 2015 07:48:23)
MacOS X (unix) version
Included patches: 1-889
Compiled by Homebrew

$ zsh --version
zsh 5.1.1 (x86_64-apple-darwin15.0.0)

使い方

必要なもの

Shougo/neobundle.vim · GitHub がインストールされていることを前提に話を進めます。

プラグイン管理ツール なら何でも良いと思います。

セットアップ

# vimを開く
vim ~/.vimrc
# 以下の行を追記
NeoBundle 'itchyny/calendar.vim'

追加後、vimで以下のコマンドを実行

:NeoBundleInstall

使い方

Vimを開き、以下のコマンドを実行します。

:Calendar

初回アクセス時は Google 認証画面が表示されます。 プラグインからのアクセスを許可し、表示されたコードをVimに貼り付けましょう。 以下のような画面が表示されるはずです。

">" や "<" を入力すれば、月別週別日別 でカレンダーが切り替わります。 I を入力すれば新しいイベントを登録できます。

ひとこと

見やすさではwebには敵いませんが、さっとカレンダーが見たい場合には便利。 カラーリングされて見やすい。

広告を非表示にする